HideandSeek

目次

Hide and Seek編集

 横浜に存在するBar。第二次世界大戦終戦後ほどなくから存在し、普段正体を隠しながら街に溶け込んでいる異能者や人外が少しばかり肩の荷を下ろす場所。
『少しの安息と少しの助け合い』を理念とし、それに賛同した姉妹店が世界各地に存在している。それは吹利オノゴロ島も例外ではない。

非日常の側面を持つ者たちの暗黙の交流ネットワーク編集

 『Hide and Seek』という言葉はBaySide23において異能者や人外の交流の場となる場の隠語として用いられています。

  • 業種や営業形態は様々。
  • 客層は人外や異能者など、非日常の側面を持つ客が多い。
  • 店主達は極秘の手段で情報を共有しており、顧客が希望すれば様々な依頼や事件を各地へ仲介する。
  • 他界レベル2。
  • 本店はステージにピアノが置いてあり、演奏が行われる。
規模
世界各地。
知名度
アングラ系の知識を持っていれば言葉だけは知っている。

関連人物編集

Kent
たまにカウンター席に座って飲んでいる。

店舗リスト編集

各店舗はその店流のサインで秘かにHide and Seekであることを示しています。それを発見できるかは洞察力次第です。

Hide and Seek
始まりの店。横浜の沿岸部に存在する。
Quik silver
オノゴロ島の南スラム街にあるBar。

関連組織編集

名前
解説

歴史編集

言及作品編集

作品名
解説

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集